<< はじめに | main | アレもしたいコレもしたい >>

スポンサーサイト

  • 2009.10.20 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


行政刷新会議への期待

税金の無駄遣いを洗い出す「行政刷新会議」。
その主要メンバーに、

稲森和夫氏・京セラ名誉会長(77)を起用する方針を固めた。

(※10/5朝日新聞記事より)

稲森和夫氏と言えば、 
 
「生き方」や「働き方」など 
 
人が正しく生きる道しるべを説いた数々の著書がある。
これまで半世紀以上与党として君臨してきた自民党は、 
 
主に経済界の既得権益を持つ団体・人と太いパイプを作ってきた。
 
つまり、お金儲けを一番に考えるような人達と仲良くしてきたのである
 

対して、民主党のブレーンや後見人とも言える人達は、 
 
お金儲けよりも、『より良く生きるため』に、 
 
あるいは、
『より良い社会を形成するため』にどうすればいいかという事を提言し、

そのために努力しているような人達である。
 
 
 
■経済界からは、稲森和夫氏
 
 
■政策ブレーンには、「ミスター円」の榊原英資氏 
 
 (著作「榊原式 スピード思考力」を読めば、その人柄が分かるだろう。) 
 

■外交政策では、報道ステーションでお馴染みの寺島実郎氏 
 
 報道ステーションのコメンテイターの中において、 
 
 言っている事が至極もっともであり、
 「なるほど!」と思わせるのは寺島氏が群を抜いている。
 
このように民主党は、外部の有識者、 
 
それも所属団体の利益だけを考えるような有識者ではなく、 
 
社会全体・世界全体の利益を考えるような識者をブレーンとしている 
 
今回の行政刷新会議の人事からも、そのことが伺える。
これからの民主党の働きに期待せずにはおれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

  • 2009.10.20 Tuesday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM